神奈川歯科大学(2012-継続中)

Home » 研究開発 » 共同研究 » 神奈川歯科大学(2012-継続中)
神奈川歯科大学 山本伊佐夫先生、向井診療所 向井將先生と、乳幼児を対象として舌癒着症(ADEL)児に特有な泣き声の特徴について研究しています。

2014年度から2016年度の3年間の文部科学省科研費プロジェクト「虐待ハイリスク児早期発見泣き声診断ソフトの開発と舌喉頭矯正術による夜泣き改善評価」に研究協力しました。

また、神奈川歯科大学 山本伊佐夫先生(および東京大学大学院医学系研究科 音声病態分析学講座 徳野慎一先生ら)と、遺体の身元確認作業におけるメンタルケアのための音声によるストレス度測定の研究を行っています。

2017年度から2019年度の3年間の文部科学省科研費プロジェクト「遺体の身元確認作業による心的外傷後ストレス障害を予防するためのストレス度測定」に研究協力しています。共同研究の成果は下記の通りです。

学術論文

  1. Higuchi M, Yamamoto I, Omiya Y, Shinohara S, Nakamura M, Hagiwara H, Takano T, Mitsuyoshi S, Tokuno S., Measurement of Stress Level to Prevent Post-Traumatic Stress Disorder Developed by Identifying Dead Bodies. ESMSJ (Econophysics, Sociophysics & other Multidisciplinary Sciences Journal) 7 (1) 2017; 13-18

国際会議

  1. Omiya Y, Shinohara S, Higuchi M, Nakamura M, Mitsuyoshi S, Yamamoto I, Tokuno S, Stress evaluation using voice in dental identification work of dead body. Neuroscience 2017 (Washington) 2017.11.11-15
  2. Higuchi M, Yamamoto I, Omiya Y, Shinohara S, Nakamura M, Hagiwara H, Takano T, Mitsuyoshi S, Tokuno S., Measurement of Stress Level to Prevent Post-Traumatic Stress Disorder Developed by Identifying Dead Bodies. International Workshop EDEN (Exploratory Domains of Econophysics News) – IX (Pitesity), 2017.10.14

国内学会

  1. 山本伊佐夫, 樋口政和, 徳野慎一, 大平寛, 山田良広, 木本一成, 二瓶智太郎, 浜田信城, 李昌一, 槻木恵一, 歯科身元確認研修におけるメンタルケアのためのストレス測定の検討,第23回日本集団災害医学会総会・学術集会 (横浜), 2018. 2.1
  2. 樋口政和, 山本伊佐夫, 篠原修二, 中村光晃, 大宮康宏, 萩原直樹, 高野毅, 光吉俊二, 徳野慎一, 遺体の身元確認作業におけるメンタルケアのための音声によるストレス度測定,生体医工学シンポジウム 2017.9.15.16
  3. 山本伊佐夫、大宮康宏、徳野慎一、光吉俊二、中川貴美子、大平寛、鎌倉尚史、山口里恵、山田良広、長谷川巖、向井將、舌喉頭矯正術前後の音声分析ソフトを用いた乳児啼泣評価、国際生命情報科学会シンポジウム(東京)、3.18
  4. 大宮康宏、山本伊佐夫、中村光晃、篠原修二、光吉俊二、徳野慎一、中川貴美子、福地芳子、向井將、CGL前後の乳幼児啼泣音声の分析(続報),第28回日本舌癒着症学会(横浜), 2016.11.3
  5. 山本伊佐夫, 大宮康宏, 徳野慎一, 光吉俊二, 鎌倉尚史, 中川貴美子, 大平寛, 山口里恵, 宮川康一, 山田良広,舌喉頭矯正術前後の乳児啼泣音声分析.第8回日本子ども虐待医学会学術集会 (福岡), 2016.7.23-24
  6. 山本伊佐夫, 大宮康宏, 徳野慎一, 光吉俊二, 中川貴美子, 大平寛, 鎌倉尚史, 山口里恵, 宮川康一, 山田良広,舌喉頭矯正術前後の乳児啼泣音声の解析,第100次 日本法医学会学術全国集会 (東京), 2016.6.15-17
  7. 大宮康宏, 山本伊佐夫, 中村光晃, 篠原修二, 光吉俊二, 徳野慎一, 中川貴美子, 福地芳子, 向井 將, CGL前後の乳幼児啼泣音声の分析,第27回日本舌癒着症学会(横浜), 2015.10.25

競争的研究資金

  1. 文部科学省(基盤C)「遺体の身元確認作業による心的外傷後ストレス障害を予防するためのストレス度測定」(2017-2019), 研究代表者:樋口政和, PST:研究協力
  2. 文部科学省(基盤C)「虐待ハイリスク児早期発見泣き声診断ソフトの開発と舌喉頭矯正術による夜泣き改善評価」(2014-2016), 研究代表者:山本伊佐夫, PST:研究協力

お問い合わせの方は「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

ご質問がある方は、「よくあるご質問」をご確認の上、お問い合わせください。