東京大学 人間環境学分野(2009-2017)

Home » 研究開発 » 共同研究 » 東京大学 人間環境学分野(2009-2017)
人間環境情報学分野にて、音声感情認識と雰囲気コミュニケーションの研究、および音声とストレスの関わりについて研究しています。共同研究の成果は下記の通りです。

学術論文

  1. 酒造, 山本, 志村, 門間, 光吉, 山田, “情動・感情判別のための自然発話音声データベースの構築, Construction of Natural Voice Database for Analysis of Emotion and Feeling,” 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.3(2011)

国際会議

  1. Zhang, Y. Jing, M. Shuzo, S. Mitsuyoshi, G. Lopez, I. Yamada, “Improvement of Emotion Recognition Accuracy by Using Speech and ECG Signals,” Proc. of the 2012 ASME-ISPS/JSME-IIP Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE 2012), pp. 407-409(2012).
  2. Ide, G. Lopez, M. Shuzo, S. Mitsuyoshi, J.-J. Delaunay, I. Yamada, “Workplace Stress Estimation Method Based on Multivariate Analysis of Physiological Indices,” Proceedings of the International Conference on Health Informatics (HEALTHINF 2012), pp.53-60(2012)
  3. Shimura, F. Monma, S. Mitsuyoshi, M. Shuzo, T. Yamamoto, I. Yamada, “Descriptive analysis of emotion and feeling in voice,” 2010 IEEE International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering (IEEE NLP-KE2010), Beijing, China, August 21-23, (2010)

国内学会

  1. 酒造正樹, 山本泰史, 志村誠, 門間史晃, 光吉俊二, 山田 一郎: 情動・感情判別のための自然発話音声データベースの構築, DICOMO2010, pp. 602-609, 2010.
  2. 山本泰史, ロペズギヨーム, 酒造正樹, ドロネージャンジャック, 山田一郎, 門間史晃, 光吉俊二: 自然発話音声を用いた快・不快判別アルゴリズムの提案, 情報処理学会創立50周年記念全国大会(第72回全国大会), 東京大学 本郷キャンパス, 文京区, March 9-11, 2010.

お問い合わせの方は「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

ご質問がある方は、「よくあるご質問」をご確認の上、お問い合わせください。