神奈川県

未病バレー「BIOTOPIA」におけるMIMOSYSの導入

株式会社ブルックスホールディングス様が運営主体である未病バレー「BIOTOPIA」のエクスプラザ内にある「心の鏡」に「MIMOSYS」を採用しています。

「心の鏡」は、電話機で音声を録音し解析することで、今の心の状態を「元気圧」として可視化することができます。

施設の名称の一部である「ME-BYO」は、神奈川県様が提唱している概念になります。これによれば”人間の体の状態は「ここまでが健康、ここからが病気」と明確に区別できるものではなく、健康と病気の間を連続的に変化する状態を「未病」と言う”と定義されています。この取り組みは世界保健機関(WHO)でも評価されており共催シンポジウム等も開催されています。神奈川県様は弊社の技術「MIMOSYS」に過去より関心を持っていただいており、2013年度〜2014年度には「さがみロボット産業特区」として協力・支援して頂きました。そして2015年5月27日に優れた未病産業関連の商品やサービスを、神奈川県が「ME-BYO BRAND」として認定する制度の第一号として「MIMOSYS」が認定されました。

我々はこれからも神奈川県様と協力して「MIMOSYS」を広めていく活動を行っていきます。
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/mv4/cnt/f531787/p1078097.html